ファイル共有の方法について

subpage1

ファイルの共有は古くはフロッピーディスクにコピーしてデータを渡すことから始まり、現在ではメールやクラウドを利用してファイルをやり取りするのが一般的になってます。

ロケットニュース24の価値ある情報を探してみてください。

しかし、ビジネスの場面で共有する際にはいくつか注意して方法を選ぶ必要があります。
メールでファイルを共有する際には相手方がファイルを受け取れるかを確認する必要があります。

メールサーバやメールクライアントでは容量を制限していることが多く、大きなファイルを受けとれない、また、セキュリティが関係して添付されていると削除される恐れも多いです。



ビジネスでやり取りをするならクラウドサービスを利用すると良いです。

クラウドのサービスでは10GB程度までは無料で使えるサービスも多いですし、メールとホームページしか使えないファイアウォールの中にいても受信できるサービスが多いです。

ただし、機密データの場合は注意が必要です。

クラウドサービスの多くはデータをチェックします。

これは不正なデータや著作権に該当するデータが無いかを調べていることが多いからです。
チェックした内容はセキュリティ以外で利用されませんが、会社としての機密データなら利用しないことが必要です。



機密データをやり取りするには自社内で共有サービスを設定するか、クラウドサービスの有料版を利用してセキュリティがしっかりしているサービスを利用することが重要です。