スケジュールの効率的な共有

subpage1

スケジュールの共有する方法は大きく分けて2つあります。



1つは昔ながらの黒板に記載するもしくは口頭で伝える方法、もう1つはITを活用することです。
ITを活用するスケジュール共有はさまざまなアプリケーションが開発されており、また、クラウドサービスも多いので選択しやすくなっています。

スケジュール共有で重要な事は簡単で確実なことです。



操作が難しいと継続して利用することが難しくなります。
スケジュールは蓄積したデータにも価値がありますので継続しないと魅力が半減すると言われていますスケジュール関連のソフトウエアはローカルPCやMacで動作する場合も含めて、他のソフトやサービスのデータを取り込めるようになっています。

特にGoogleのサービスからのインポート率は大変高く、中心にGoogleのサービスを入れておくとスムーズなデータ取り入れが可能なケースが多いです。

NAVERまとめサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

そのため、共有するためのサービスにGoogleのサービスを利用し、普段はローカルのソフトウエアを利用する方が増えています。

ローカルのソフトウエアなのでインターネットにつながらなくても利用できますし、共有するしないを選択することも細かくできるので大変便利です。
また、インターネットが普段から使えるなら、Googleのサービスのみを利用する方も多くなっています。